スポンサーリンク

ミニ四駆 ラウディーブル6

ミニ四駆

シール貼り編の最終回です。

前回終了時点

この状態から、ボディの上面に白いラインを貼っていきます。

まずは、フロントの左側から

左前ライン

アメ車的な雰囲気が出てきました。

続いて右側も同様に貼ります。

右前ライン

失敗なくきれいに貼れました。

ここで、リアリティを求めるならばボンネットが開くように

シールに切れ目?のラインを入れるのですが、

あえて走行重視のおもちゃとして割り切りこだわりません。

続けてリアへ

右後ライン

右側に続いて左側も貼ります。

左後ライン

これでシール貼りは完了とします。

取説どおりにするならば、トランク部分にTAMIYAの文字や、

ドアの部分にROWDY BULLの文字シールを貼るのですが、

とりあえず現時点では止めておきます。

その理由は、

1.実は、まだホディの塗装をしようか迷っている

2.貼るといかにも子供っぽい印象を受ける

  (子供っぽいのがアメ車なのかもしれませんが…)

3.貼るのはいつでもできるが、後戻り(剥がすことが)できない

ためです。

モヤモヤすることは色々ありますが、

先に進み、いよいよ走行部分の組み立てに入ることにしましょう。

今回はここまで。

ミニ四駆
スポンサーリンク
とみぃーず工房